会社案内

常に開拓者であり続けたい 押出技術を追求するONLY ONE企業

半世紀前、一人の若者が情熱と探求心を持って真空土練機の研究開発に取り組みました。
今、我々は受け継いだ情熱・経験・技術をさらに高め「常にお客様のニーズを取り入れた製品開発を実行し押出技術を追求したONLY ONE企業をめざす」を企業理念に活動を行っています。

会社概要

社名 宮﨑鉄工 株式会社
本社 849-1304 佐賀県鹿島市大字中村2031番地1
TEL 0954-63-4174
FAX 0954-63-3730
設立 1958年12月12日
資本金 15,000,000円
代表取締役社長 宮﨑 哲也
事業種目 真空押出成形機・原料混練機・ミキサー・押出用金型・引取装置の設計製作販売・無機質複合材料の押出成形に関する技術指導
主要取引銀行 親和銀行
納入先実績 国内外セラミックス関連企業、建材メーカー 500社以上

アクセス

宮﨑鉄工へのアクセス

「エアポートリムジンタクシー」についてはこちら

沿革

1945年 創業者である宮﨑八郎が佐賀県塩田町で国内でもいち早く真空土練機の研究を始める。
1950年 試作1号機が完成する。
1953年 試作機を更に改良し二段落差付き真空土練機の1号機が完成。地元陶磁器メーカーに納入し好評を得る。
1958年 株式会社に組織変更し本格的に真空土練機メーカーとしてスタートする。
1967年 塩田町より鹿島市に移転し、ニューセラミックスの有用性を見据えて真空土練機の改良・開発を進める。
1970年 高圧で温度管理も容易な真空押出成形機の開発に成功する。
1970年代前半より各種セミナーで真空押出成形技術について講演する。真空押出成形法の有用性から触媒ハニカム・電子部品・セメント外壁材等の工業部材の生産に広く使用されるようになる。
1980年代より 真空押出成形機を中心に前後関連の開発を進める。
1996年 押出原料の多様性から独自方式のプランジャー押出機を開発し、以降複合機の研究開発を進める。
1999年 宮﨑哲也が代表取締役社長に就任する。
2002年 ハニカム用大型押出機を完成し国内外に納入する。
2003年 研究開発棟を新築。
2012年 大型検収棟を新築。